KindleアンリミテッドのBL読み放題一覧ʕº̫͡ºʔ

💉ネタバレ感想|高久尚子『お医者さんにはミミがある~ケモエロ病棟24時~』注射と点滴!?

ここは大河動物病院。

寅の医院長・大河(たいが)先生をはじめ、戌の志葉(しば)先生や辰の辰美(たつみ)先生が毎日“注射”と“点滴”で治療をしてくれるみたい。

え…? “注射”と“点滴”ってもしかして…!?? 愛と可愛さとェ◯がたっぷり詰まった十二支が活躍する擬人化の世界へようこそ!

高久尚子のェ◯

が好きなんで買ってみたらまあなかよししまくってました。

上のあらすじはつまり、病院一棟を巻きこんだ盛大なお医者さんごっこをしているということです!!!説明不要!!!

カップルが二組出てきて、

一組は高久先生には珍しくイヌ(戌)×普段攻め限定受けのトラ(寅)

もう一組は、発情期が永遠に続いていて治療のため入院してるウマ(午)×メガネ(子)を外すと美少年に変身しちゃうネズミ

イヌ×トラ

赤ん坊の頃からイヌの志葉とトラの大河は一緒にいるんだけど、毎日毎日、好きだといい続けてきた志葉に対して大河は体を許すものの好きだとは言ってくれない。

「治療」のときは攻めの大河はそこまで後は使い慣れていない様子で、覆いかぶさってせっせと頑張る志葉を無視して大股開きで本を読んでいる。

そんな様子に志葉は申し訳なさそうに、

「…いつもオレばっかりさせてもらってごめんね。…した後、大河いつも体きつそうだしこっちでまだ何回もイケないじゃん。」という。

大河はそんなこと気にするなと言いながら寝ぼけ眼で

「俺は…お前とする時はイケるかイケないかはそんなに重要じゃない…」

という。

はい!どう考えても愛ゆえに〜です。よかったね志葉!!!よくわかってないみたいだったけど愛は深いぞ!!!

しかし、あほえろどろどろなんでしょ?と思っていたので珍しいカップリングが見られて最高。まあもう一方は、どろどろなんですけど↓

ウマ×ネズミ

もうこの動物設定の時点で、体格差萌の鬼は猛烈に興奮していたんだけど、体格差はあんまりなかった。おちょんちょんが馬並〜!!!というだけだった。

大河動物病院の壁の裏に住んでいるネズミはお医者になりたくて今日も張り切って出勤するも、大河に雇った覚えはないと言われバイキン扱い。

ひょんなことで、眼鏡が外れ美少年化してしまったネズミは病院の廊下でばったりウマに出会う。

実はこのウマ、元競走馬で発情期が終わらない上に繁殖用としても牝馬を傷つけるかも知れないということで役に立たずここに入院させられていた。

そんな発情期真っ只中のウマは可愛いネズミに大興奮。現れるたびに捕まえてはぐずぐずしてしまう。

立派な医者になりたいネズミはそんな中でも必死に治療に取り組みある日ナース服で治療に

「先生、今日はすごくきれいですね。どうしたんですか僕のためですか」

「待て待て違わないけど違うんだ。熱…いや暑苦しいぞお前!」

「じゃあ先生の◯◯◯◯で俺の体温を計って下さい。あれ?俺より先生のほうが熱いですね。先生の体温計ってあげますね」

「や、やめろ!」

「ほら、体温計入りますよ〜」

なにやってんだ(´・ω・`)

まとめ

高久尚子先生が好きな方におすすめです!!!もう何も云わない!