KindleアンリミテッドのBL読み放題一覧ʕº̫͡ºʔ

LGBTの作家が描くやさしい初恋の物語『ぼくのほんとうの話』うさきこう

私たちが普段読んでいる“ボーイズラブ”とは一体何なのか

幻冬舎のホームページでウェブ連載されていたこの作品を読んだ。

www.gentosha.jp

著者は、LGBTのGであることを公表し漫画を書いているうさきこうという男性である。

チョット感想

まず、懐かしさがやばい。この主人公の男の子、「りぼん」を読んでいる。懐かしすぎる。クラスメイトの女の子がリボンの付録のでっかいリボンを付けてきたり(これは「姫ちゃんのリボン」かな?)、天使なんかじゃないのスドーザウルスによく似た気ぐるみを買ってもらって喜んだり、そもそも絵柄の雰囲気が、「こどものおもちゃ」とか「赤ずきんチャチャ」によく似ている。

この頃の、りぼん・ちゃお・なかよし、どれも派閥があって個性があって今ではとても小学生が読むような内容ではなくなったけど、漫画もアニメも情操教育の一部だったよなぁ。

お話は「やさしい恋」と「世界への違和感」が同時並行で進んでいく。意地悪なことを言う人もいるけれど、友達はみんなやさしい。みんな違うところがあって、得意なこと苦手なことがあって…そこまではみんなと一緒なのに、「男の子が好き」という部分だけちがう。

「リボンが好き」なように認めてもらえるかもしれない、でもそうじゃないかもしれない。小学生の男の子がずーっと、自分と世界の噛み合わない部分について考えている。

最近では、ドラマなんかでも「同性」の愛情について一部取り上げることが多くなった。ただそのかかれ方は、限定的で排他的だと感じる。

「あの人達は特殊なんだから差別をしてはいけないんだよ」という捉え方より、「へーそんな人もいるんだ。今日の晩御飯何?」くらいの当たり前が欲しいなと思う。

そしてきっと、ラブレターを渡しても正人くんにはその当たり前ができたんだろうなあと温かい気持ちになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です