KindleアンリミテッドのBL読み放題一覧ʕº̫͡ºʔ

🐰ネタバレ感想|ルネッサンス吉田『BLOOMS SCREAMING KISS ME KISS ME KISS ME』

ルネッサンス吉田に何があったのか

買ってから何度も読み返してみたけどやっぱりわからない。
というか素直に面白みを感じない!!?
『茜新地花屋散華』の文学的で猥雑でびっしり書き込まれた文字群と乱雑な絵柄が這い回る虫のようにゾワゾワ皮膚を傳う…あの雰囲気はどこに行ったんですか…
そもそも何だか、キャラ設定とネーミングの時点でなんか違うんだよ。

桃園藍
お馬鹿な男子高校生、恋愛依存、奔放受け

桜沢真
寺の跡取り、基本されるがまま、ノーマル攻め

受けとか攻めとかあるけども、最初から最後までいたしません!!!

いたさないのは掲載誌の問題?

と思い立ってサイトを見に行ったら、ルネッサンス先生のコメントが

お疲れ様です。吉田です。

弱った胃腸にやさしい重湯のようなものを目指しました。

疲弊した状態でも読めると思うので、よろしければよろしくお願いします。

うーん…?

そう言われてもけっして、そっかぁ!やさしい重湯ね!わかるぅ〜!とはならない。

大筋の展開は、メンヘラ奔放の藍ちゃんがお寺のお墓に通っていたらそこの息子に優しくされて好きになったんだけど、なかよししか愛情を示す又示される術を知らないのでなかよししよっ!と誘うのに応じてもらえない。一方で、寺の跡取り真くんは藍ちゃんがかわいいし好きなんだけども、菊門なかよししてみたい系男子にポイ捨てされまくった藍ちゃんがかわいそうで大切にしてあげたい気持ちと、藍ちゃんを救うことで自分が救われようとしているんじゃないかという自分本位な感情が渦巻いてどうにもならない。そんな中でも、藍ちゃんはガンガン迫ってくるのでとうとう応じかけてしまうが、押し倒されて号泣してしまう。

「このまま藍君を好きになればなるほど、私は藍君に必要とされることでしか自分の価値を確認できなくなってしまいます。それは藍君を利用しているということと同義です。そういう弱くて卑怯な自分が嫌なんです」

一人難しく悩みに悩んだ真くんは山へ修行に出かける。そうして連絡の取れなくなった藍ちゃんは、他の男に走るかと思いきや、なかよし以外で何か相手に愛情を伝えること=マフラーということでマフラーをせっせと編みはじめる。そうして修行が明けて帰った真くんは僕にも編み方を教えてくださいといって笑いあったのでした。

はい。だいたいこんな感じ。
真くんは山に行ってから一度、藍ちゃんに赤い縫い糸と糸切りバサミそれに手紙を添えて送っている。

「邪魔になったら切ってくださいね」

その赤い糸を受け取っての“マフラー”である。
「切らないよ」と返すのではなく、愛情を込めるという成長を真に出会って見せたということで、その愛情を受け取ってまた一から編み直すことでふたりとも愛し合うことが出来るんだな。

部分的にはハッとさせられるが全体的には28点、解散。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です