KindleアンリミテッドのBL読み放題一覧ʕº̫͡ºʔ

🍑3巻発売|「百と卍」第18話|2巻の続きからネタバレ感想

こんにちわ〜限界OLです

『百と卍』3巻の発売が決定〜🎊わ〜👏

ここから下は、まだ発売されていない『百と卍』3巻に収録予定のお話のネタバレ感想ですのでコミック派の方は気をつけて〜!

現在発表されているのは番外編を含む18話から22話までの6作品です!

ちなみに1ヶ月遅れでよければ、マガジン☆WALKERの雑誌読み放題で『onBLUE』が読めます。初月無料なのでどうしても気になる話がある月初めに登録するとまるっと1ヶ月『ルチル』や『ダリア』『CIEL』『iHertZ』に一般の雑誌も読めるのでお得。今はオンブル最新41号が読めます。

「せまい長屋を離れやってきたのは皐月の海。
たくさんの人と初めて出かける百樹は…」

onblueの百と卍
『百と卍』第18話「汐干狩り」の評価
ストーリー
(4.0)
キャラクター
(4.0)
♡♡♡
(4.0)
総合評価
(4.0)

2巻の続きがやっと出た!
物語は一区切り付いてのんびり物見遊山かと思いきや…切なげな百の様子と伏線が気になる匂わせ回…これから何が起こるのか!?

ざっくりポイント
  1. 長屋のみんなと洲崎で汐干狩り
  2. 長屋の新入り棒手振り夫婦の旦那が何やら百の過去を知っている様子…
  3. 卍が百樹にベタぼれすぎてこっちが恥ずかしい!

今までのあらすじ

時は江戸時代・後期。義兄弟の契りを交わした百樹と卍は、仲睦まじく、長屋でその日暮らしをしていた。陰間上がりの百樹にはつらい思いでもあるけれど、今は卍兄ィといられることを何よりも幸せに感じている。

そんな折、二人のもとに卍の過去を知る男・千が現れる。火消し時代、卍の相棒をしていたという千とのこと、そして卍が幼い頃から苦しんでいた、果たせぬ恋の話…。それらをすべて知ってなお、そのままの卍が好きだからと、百樹は改めて卍へ思いを伝えたのだった。

(『onBLUE vol.35』より)

第18話「汐干狩り」ネタバレ感想

「尻ふりて蛤ふむや南風」

兄ィの粋な一句から始まりました第18話。

長屋の一行は新入りの棒手振り夫婦との親睦も兼ねて、今日は洲崎の海にお弁当持ってやってきた様子。

棒手振りは時代劇なんかでもよく見る天秤棒を担いで魚なんかを売り歩いてる行商人のことです。

いつものようにケツ丸出しで蛤を取るのに夢中の百樹を見て卍は大家に、

「鼻の下が伸びてるゼ!」

とからかわれる始末。

でも読んでいて恥ずかしくなるほど、二人が相思相愛なのを隠しもしないので大家も言いたくなるな!?


子供とオババと潮干狩りをしている百樹を小屋からデレデレ見ていた兄ィも潮干狩りに参戦しに来たのかと思いきや、

「オイお百ぉ…てめェ無防備がすぎる」

と百樹が腰に着物を引っ掛けてほぼ半裸状態なのがお気に召さない様子。

そんな卍に濡れるし汗かくし他の男も脱いでるよという百樹の言うことはもっともなのに、

「汚ねェ他の尻と一緒にすんじゃねーや、真っ裸になれねえよう痕つけてやればよかった」

とまだまだ食いつくものだからそばにいた長屋のババアに、

「喧嘩かノロケかわかんねェな」

からかわれて赤面する二人…楽しそうでよかったねぇとほっこりしたのもつかの間、さっきの楽しそうな表情とは打って変わって1人でしんみりしている百樹。

話しかけてきたのは長屋に引っ越してきた棒手振りの旦那。

せっかくみんなで来たのにあっちには行かないのか?と聞いてくる。

「もも大勢の人に囲まれンなァ気が引けて…こう面と向かってだったりは平気だしよ、長屋の連中や手習い所のガキらは慣れてっけど、えと…たくさんの男もたくさんの女も…ちっと怖くって…理由はあんま言えねェけど…」

百樹がせつなそうにそう語ると「まだ晩に宿でな!」と旦那は去っていった。

去り際にふと何か思い出したのか、“あの人どっかで会ったかナ…?”と思案している様子は今後の波乱につながらなければいいけど…

その様子を岩場の影からこっそり見ていた兄ィ!

「密会は終わったか?」

とまたまたヤキモチ焼きなことを言ってくる。

ふと、百樹の膝の下のあたりがぱっくり一文字に切れているのを見つけた卍は心配している素振りでそこをベロベロと舐めだした。

ちょっとは抵抗する百樹だがとりあえず舐められていると卍の舐める位置が変わってきて…

「兄ィ!!どこまで舐めてやがる!!」

と止めにかかる。


「廃れた出店とかけて、お百の尻ととく」

「…その心は?」

「よく、しまる」

「しゃらくせ〜」

シモネタをぶっこむ兄ィと一緒に夜の浜辺を散歩する百樹。

流星の降る空の下でまたまたゲスいことを言う兄ィと百樹はこのあとしっぽり決め込んだんでしょう。

デレデレしすぎじゃないですか

兄ィがずーっっっっっとデレデレしてるのでこっちはもう恥ずかしくて恥ずかしくて。

シモネタのオンパレードだし…

兄ィどうしちゃったの?百が好きすぎておかしくなっちゃったのか?頑張れ?

ここまで二人が出来上がりきってしまうと余計なお世話ババアは、

最高潮まで盛り上がったらあと落ちるだけじゃん、彼ピッピとのピークは今よ!!!

などと思ってしまうんですがどうなんでしょうね。

今回初登場の棒手振りの旦那が伏線つっこんできました。

どうやら陰間時代の百樹のことを知っているようだけど棒手振りなら客ではないだろうし、店に出入りしていた物売りってことかな。

百樹の預かり知らぬ所で卍が陰間時代の話を旦那から聞いてしまったりしたら、それこそ百樹は失踪しちゃうんじゃないだろうかという不安が…

ここまで盛り上がってしまった二人だから、あと面白くなりそうな展開は「離れ離れ」になることだと思ってる。

大きな地震や台風の史実が絡んで来るならそれも楽しいけど、今度は百樹が可哀想な話がよみたいなと思うゲスババアでした。

手越祐也演じる『しゃばけ』シリーズの若旦那は最高に色っぽかったけど今度は畠中さんの『まんまこと』をコミカライズしかも紗久楽さわの手でってナニソレもう大好物ですありがとうございますという思いを共有。江戸考証に優れているからこその抜擢だなあと、みつお。