KindleアンリミテッドのBL読み放題一覧ʕº̫͡ºʔ

🐣連載再開!|吸血鬼と愉快な仲間たち|3巻収録分のネタバレ感想だよ

こんにちわ、限界です!

花ゆめ電子化やらなんやらのゴタゴタで連載がストップしていた羅川真里茂の「吸血鬼とゆかいな仲間たち」ですが、この度連載が再開されました!ワァー!

現時点での最新号は「花ゆめVol.5」で掲載されている作品はすでに掲載済みの移植作です。

連載状況こんな感じ

  • 「花ゆめVol.5」(2019年2月20日発売):掲載済みstory9「日本の春は」
  • 「花ゆめVol.6」(2019年3月20日発売):掲載済みstory10「愛はHeartが立つ。」
  • 「花ゆめVol.7」(2019年4月20日発売):掲載済みstory11「問題勃発。」
  • 「花ゆめVol.8」(2019年5月20日発売):未発表作品連載開始!

「吸血鬼とゆかいな仲間たち」3巻収録予定分のあらすじ

春。見習いだった丸山が施設を去り新しく室井という男がやってきた。アルはと言うと津野の姉が外国人モデルを探しているという話を聞き「ひとをたすけることしたい」と暁にお願いするが渋い顔。アメリカで貧しくひとりぼっちだったときとは比べ物にならない環境に幸せを感じているアルだが将来への不安もあって…そんな中丸山が暁に告白している様子を目撃してしまって!?

「吸血鬼とゆかいな仲間たち」ネタバレ感想

とりあえずstory9だけ(「花ゆめ」では高尾滋の「ミセス・マーメイド」も連載中だよ!読んで!)

story9「日本の春は。」

アルのことをとても可愛がってくれていた紅一点 丸山さんが去り際にアルのコスプレ写真を山程撮っていかれます。かわいい。コウモリって病原体イメージしかなかったけどコミカライズバージョンを読んでから地味な可愛さに目覚めてしまった。そんなついこないだ、アルにそっくりなコウモリを生け捕りにして丸焼きにして食ってる番組を見ちゃって…オタクってやだな。

丸山さんと入れ替わりで新しくエンバーマー見習い生の室井が追加されます。羅川さんの絵で見ると室井くんこんな感じなのね、ちょっとぬめっとしてる。津野くんは実家の葬儀場に併設のエンバーミング施設ができるまではセンターに残って、もう一人のエンバーマー室井さんは奥さんの体調不良で休みがち。というわけで今のレギュラーメンバーは、アルと暁、津野に室井を加えての4人体制となっている。

コミカライズでは3冊目だけど原作ではまだ2巻に入ったばかりの展開。

吸血鬼になってから頼る人もおらず仕事もなく家も家族もない状況で一人寂しく惨めな生活を送っていたことが度々フラッシュバックしているアルは、暁が与えてくれた今の幸せを感じながらもこのままの状況に甘えていてはいけない、いつか終わりが来るし暁も去ってしまう、という不安に追われている。

暁もちょっとかわいい部分が見えるようになったとはいえ、まだまだ偏屈で合理的な部分が強く人の気持ちを慮ることも、自分の感情を素直に伝えることもできない。でもこの人結構ずっとこうなのでまあアルと通じあえたらいいよ。

そんな平均台の上を歩いているような危なっかしい日常に新キャラの室井くんがいざこざを起こしていくわけですが!さあ次回。

story10「愛はHeartが立つ。」

室井くんに告白された人の気持ちがわからない男 暁は「生物に欲情しない」とその告白を突っぱねます。しかしもうちょっと言いようがあるでしょ!?というこっちの気持ちを代弁してくれるのがそこに割って入ったアルなんだけど、暁の言っていた「不感症」の意味がわからなくて花見の席に戻ってから全員の前でぺろりと吐いちゃう場面は見ものです。結構日本語様になってきたけどまだまだだ!

暁にとっちゃあつまり、人間もバッタも石ころも電柱もみーんな同等の存在であって室井くんがゲイだからどうこうの話では無いんだけど、そのへんの感情をあるが現れた途端むき出しにしているあたり「アル」については特別になってしまってるよね。でもまだちょっとペットっぽいのかしら?そのへんどうなの暁さん。

あっという間に梅雨に入り、結局内緒で引き受けたモデルの仕事がバレちゃってこっぴどく叱られる。心配からこんなに怒ってくれるのだから見ている方はとても微笑ましい。

ただそんな心配をわかっているのかいないのか、ロッカーの上から落ちてきたアルに上に乗っかられ尾てい骨をしこたま打ち付けた暁はいつかの病院にまた連れて行かれるのでした…次回!今回短いね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です